夏原智

僕は財閥の御曹司で、モテるのでひかりさんは、嫉妬しました。

違うと何度言っても聞いてくれないので、抱きしめました。

ひかりさんは母の愛に飢えていただけだったのです。

僕は、夏原ひかりになってほしかった。ただ、それだけなのです。