人気ブロガーみたいなことは私には出来ない

アクセス数のことで悩んだりしますが、じゃあ、アルファブロガーみたいな記事が書けるかって言われたら、とてもじゃないけど無理!と思ったので、何だか心がほっとしました。

考えてみれば、人気のブロガーさんは、毎日通知が大変なことになってるはずなんですよね。

想像してみると、いつも通知が20件を超えてて、ブックマークコメントが沢山来たり、コメントもすごく来て、それに返信するのに時間がかかったり、通知をチェックしてもチェックしても、新着の通知が来るという感じでしょうか。

まぁ、あくまで、私の想像ですが。

今、私のサブブログは、アクセス数が5とか、6なのですが、正直来てくれる人がいるだけで、とても嬉しいです。

是が非でも営業いいね(自分のブログにアクセスしてほしくて、いいねを付けること。)は、したくないなと思っています。

ヴァンガード(カードゲーム)についてばかり書いてるんですが、それに興味がなさそうな方が、いいねを付けてくれることがあって、何だか不思議です。

やっぱ、ブログは更新して、時々メンテナンスをしないといけない物なんだなって思いました。

長い間更新しないのは、自分のメンテナンスであったり、現実の方を重視しなくちゃいけないことがあるということなので、いい面もあるけれども、再開した時に、更新が止まる前の状態にブログや自分が戻らないことがあるんですよね。

ブログの書き方を忘れたり、アクセス数が前より減ったり、マイナスの面があるけれども、自分にとっては、ブログをしない時間の方が大切だったってことだと思います。

いつもいつも、ブログを優先出来ないのは、ブロガーとしたら避けられないことなんだろうと思います。

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ