ブログや本の話

大体のブログ論が、役に立つ記事を書こう!みたいなことを書いているけど、今役に立つ記事であっても、時間が経てば、情報が古くなるし、それを考えると、日記ブログなんかは、時間が経っても、ああ、この人にはこういうことが昔あったんだなというのが分かるし、その人に興味があると読んでて楽しいので、日記ブログも侮れない所がありますね。

役に立つ系は日記系に比べて、後々、過去ログを修正したりしないといけないことが出てくることが多いと思いますしね。

 

桐山徹也の「ループ・ループ・ループ」と、行成薫の「僕たちだって扉くらい開けられる」を、本屋で買いました。

よく行く本屋なのに、文庫本の新刊コーナーの存在に今頃気が付いたという。(^^;

新刊コーナーには、探していた、行成薫の「僕たちだって扉くらい開けられる」が置いてありましたが、複数の人が見た形跡があって、ページも開き気味でしたが、購入しました。

 

本を読むことが習慣づいてないので、また積読になるか、途中で読むのをやめてしまう可能性が高いのですが、まぁ、その辺は気にせず、読んでいこうと思っています。

そういえば、行成薫の「名も無き世界のエンドロール」の文庫本のカバーが、映画の写真を使ったものになってて、本屋に置いてあったのですが、同じ本の古い物を持っているので買いませんでした。

余裕があったら、「名も無き世界のエンドロール」をもう一度読み直して、続編の「彩無き世界のノスタルジア」を読んでみたいんですけどね。

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ