以前書いた文章を読み返している

最近、自分が過去に小説を書いたノートや、テキストファイルに残した文章を読み返すことが多くなりました。

こういう状態の時は、物語を書こうとしたって書けない時期で、過去書いたものを読んで、何か続きを書けるものがないか、探しているのです。でも、全然見つからないですけど。

読み返すと、何だか自分が書いたものなのに、感動したりして、これは自分でも面白いよねと自画自賛状態になったりします。

私が書くものは、大体が自分しか分からないように書いている所があって、人に見せる用に書いた物は少ないです。

でも、どうしても、完成までいかないんですよね。

あらすじとか決めて書かないので、上手く行かないのは当然だよなーと思ったり。

そんな感じで、自分の趣味の域から出ないので、多分、書いているっていっても、全然成長していないと思いますね。

最近、誰にも見せることがないのであれば、自由に書いちゃっていいんじゃないかと思うのですが、なかなか、そうはなれない所があります。

書きたいシーンはあるけれど、そのシーンから先に書くのは何か違うように感じたり。

昔はもっと、読み返すと恥ずかしくなるような、突拍子もないことを考えていたのが、ノートを見ると分かるのですが、今はそうなれないですね。

もしかしたら、私は、自分もちゃんとした読者と捉えているのかもしれないです。

だから、自由に書けるようで書けないのかもしれません。

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ