数多くのボツ記事が下書きの海に沈んでいる

ブログをやっていて、どれだけ書いた文章をボツにしていたかを考えると、計り知れないなって思います。

多分、ブログの記事として上げたのは一部で、後の多くの文章は更新して人の目に触れる機会もなく、下書き状態で終わっていきます。

どちらも、頑張って書いた文章には違いないのですけどね。

下書きに溜まったそういう文章があるからこそ、ブログに上げる記事が書けたんだと思います。

はてなブログの下書きは整理している人もいますが、私は全く整理していないので、すごいことになっています。

noteでは、テキストエディタに下書きを書いていたので、下書きには溜めたことはないのですが、はてなブログだと、下書きに直接書き始めるので、どうしても、溜めてしまいます。

自分でもどれだけの文章が底知れない下書きの海にあるか分かりません。

だけど、必要でなかった文章はなかったと思うし、多分これからも、下書きは溜まり続けると思いますけど、決してその文章を書いたのは無駄じゃなかったと思います。

 

最近気が付いたのですが、書くことが好きと言いながら、同時に早く文章を書き終わりたいという気持ちが先行してしまって、どうしても簡潔に書いてしまうくせがあります。

だから、記事の文字数もそんなに多くないです。

まぁでも、ブログ論に影響されて、一時期1000文字以上書いていた時期もあるのですけど、いつも文字数がそんなに多くない私が、いきなり1000文字以上書き始めたので、よく来て下さるブロガーさんから、戸惑っているというコメントをもらった記憶があります。

普段通りが一番いいような気がします。

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ