漫画「忘却バッテリー」が面白かった

ジャンプ見てたら、みかわ絵子の「忘却バッテリー」のイラストを発見して(ジャンプ+の方に連載されている。)、あれ、このキャラ、見たことあるぞと思って、ジャンプ+を見たら、そういえば、読み切りかなんかで見たことあるっていうのを思い出しました。

[1話]忘却バッテリー - みかわ絵子 | 少年ジャンプ+

ジャンプ+で読んでもよかったんですが、何か気になったので、コミックスをネットで購入して、届いたんですが、すごく面白かったです。

読み切りを思い出して、要圭というキャラのアホさにウザくなって、読むのをやめるかもしれないと思っていたんですが、杞憂でした。

要圭は、中学時代、清峰葉流火というピッチャーとバッテリーを組んでいたんですが、記憶喪失になり、それがきっかけで、野球部のない(同好会はある)都立高校にどちらも入学するのです。

要圭は、中学でキャッチャーをしていた頃は、努力家で、冷静な感じもあったみたいですが、記憶を失ってからは、アホっぽい言動が目立つようになり、野球にも興味がなくなったようです。

清峰葉流火は何とか、彼を野球をする方向へ向かわせようとしたいみたいですが。

要圭がアホな言動をすると、高校で友達になる山田太郎のツッコミが必ず入るので、何か面白いです。

まだ、全部は読んでないんですが、引き込まれました。

最新刊の8巻を持ってないので、今度書店に行った時、買おうかと思っています。

 

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ