かくものの

テキスト中心の雑記ブログを書いています。

たまには口調を変えて

7月に行成薫の「名も無き世界のエンドロール」を読んだ後、中田永一の「私は存在が空気」を最後の短編だけ残して読んだ。

上半期はあまり本を読まなかった - かくものの

それからは、本を読む気も起こらなかったのだけど、久しぶりに本屋に行くと、文庫本でも一冊買おうという気になり、選んだ本が、村山由佳の「風は西から」(幻冬舎文庫)だった。

結構分厚い感じの本で、活字嫌いだった私にはちょっとした挑戦だったけど、迷わずレジに持って行った。

持って帰ると、ずっと前のカドフェスの時にもらったブックカバーがあったので、それをかけた。同じカバーを、青羽悠の「星に願いを、そして手を。」と、行成薫の「名も無き世界のエンドロール」にもかけている。

どちらの本も、読んだ時の実際の季節と、本の中の季節が逆だったので、想像がしにくい所があったなって思った。

そういえば、本屋の帰りがけに、「アクタージュ act-age」を見かけた。全部は売ってなくて、二つの巻だけ置いてあった。

アクタージュのことは、noteに書いたので、ここには書かない。

アクタージュのこと|ひかり|note

話が少し飛んだけど、分厚さにひるまず、読もうという気になっただけでもよかった。

やはり、私は何かのきっかけがないと、読書をしなくなるんだなと思った。

 

カードショップに行くと、予想はしてたけど、ついにヴァンガード(カードゲーム)の取り扱いをやめたらしかった。

悲しいけどしょうが無いね。あまり儲けにならなかったんじゃないかと思える。

今まで取り扱ってもらったことは本当にありがたかったなって思う。

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ