いい記事でも読まれないことはある

いい記事を書いたからといって、人が来て賑やかになる場合ばっかりじゃないんですよね。

ブログ始めたての頃は、どんなにいい記事でも、埋もれてしまったり、人の目に触れなかったりして、何だかもったいないです。

最初の頃に本気出しすぎて、フェードアウトしていくブログもありますが、そうなるんだったら、本気出さない感じで書いていった方がよかったのでは?と思ったりします。

ブログは続けていくからこそ、結果が出るものだと思うんですよね。

はてなブログや、noteをやっていて、感じるのですが、スターやスキ(noteのいいねみたいなもの)をもらえるのって、やはり、自分が動いて、人のブログを積極的に読んだり、コメント書いたり、そういう交流活動してないと、難しいと思います。

そういうのを一切しなくて、人が来るのは、その記事がとてつもなくいい記事だって事なんだと思います。

ただ、私が本当にいいなと思った記事にあまりスターが付いてなかったりすると、人にもよったりするのかなって思いました。

それでも、いい記事はいいという事を、証明するように、これからも、スターを付けていくんだろうと思います。

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ