ポイントカードのアナログ感が好き

誰の財布にも入っているであろう、ポイントカード。
使う時、財布から出したり、入れたりが面倒で不便だけど、私はそのアナログ感が好きです。
正直、店ごとじゃなくて、全体の店で使えるポイントカードが現れないかと思っていた時もあったけど、店ごとに分かれているのは、魅力的だなと思い始めました。
まずその店ごとのポイントカードのデザインがあるというのがいいし、それが財布を彩る感じがしたり、レジで出す時の何て言うか、満足感みたいなのがあったり。
ポイントカードが多すぎて、財布に入らないって言う人もいるだろうけど、その日行く店のポイントカードだけ、持って行けばいいんじゃないかと思います。
私は、レジでもたつきたくないので、店に入る前に、財布のポケットに入れてあるポイントカードを取り出して、出しやすい所に差して置いています。
今、一番ポイントが溜まっているのは、ドラッグストアで、その次が本屋だったりします。
それ以外のポイントカードは溜まったためしがないので、あってもなくてもいいんじゃ?と思ったり。
それでも、「ポイントカードはお持ちですか?」という店員からの問いかけには、反応して出してしまいます。
コロナがあるから、そのうち、ポイントカードを使う店もなくなってくるかもしれないです。
でも、そうなるまで、私はアナログなポイントカードを使い続けようと思います。

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ