需要のない記事を書くこと(マシュマロのお返事も(6月10日返信分))

ひかりです。

ブログで需要のない記事を書くのって、勇気がいります。

私は、この前の小説、「誰かにとってのインフルエンサー」1 - かくものので、いろいろとこの小説の事について語ったりしたかったんですが、需要ないだろうな…と思ってやめました。

小説を書いている事を、ほんと、だらだら語りたいんですど、そういうのは余計な事なのかもしれないです。

だから、note(ブログのような感じの情報発信サイト。)に書いているわけだけど、これは、noteでも需要ないかもしれないですね。

っていうか、もともと、noteでは、このブログで需要がない事を書きたかったんでした。

何かスキ(いいね)をもらうのが嬉しすぎて、本来の目的を忘れてました。

それにしても、ブログは好きなように書けるようでいて、書けないなって思う事が多いですね。

一部の人しか分からない事を書いても、その一部の人がうちのブログに来るという事はないわけだし、自分が楽しいだけ、ただの独り言っていうか。

独りよがりの記事を書いてしまうのも、避けたいんですよね。

読者の事を考えつつ、私が書きたい事を、需要の事も考えながら書くかなぁって思いました。

 

マシュマロのお返事。

「決まりはないですから、好きな時に書いて、好きな時に読んで、で良くないですか?誰にもひかりさんの行動を決める権利はないと思いますよ。楽しむという目標で良くないですか?と思いますけど。え?」

ありがとうございます。

そうですね。何だかほっとしました。(^^)

おしまい。

ひかりにマシュマロを投げる | マシュマロ