かくものの

テキスト中心の雑記ブログを書いています。

「辺境警備」のコミックスが届いたので本棚に入れといた

ひかりです。

お題「我が家の本棚」

ネットで注文していた、紫堂恭子先生の「辺境警備」(新装版)が届いたので、本棚に追加しました。

f:id:iisanmisa:20200516184824j:plain

カラーボックスの一番上に置いている、紫堂恭子先生のコミックス。大きいコミックスが、新しく買った新装版の「辺境警備」。

本当はカラーボックス全体を撮って、紹介したかったのですが、上手くいかなかったので、一段ごとに紹介します。

上の写真の左の背表紙が黒い「辺境警備」は、昔出ていた決定版のやつです。

その、右の文庫サイズの「辺境警備」は、その次に出たやつです。その右のは今回買った「辺境警備」の新装版で、影に隠れているのが、文庫サイズの「グラン・ローヴァ物語」、「エンジェリック・ゲーム」と続きます。

「エンジェリック・ゲーム」は、連載途中で打ち切りになったらしくて、続きが読めないんですよね。なんで??って感じですが。

f:id:iisanmisa:20200516184837j:plain

カラーボックスの二段目に置いている、紫堂恭子先生のコミックス。

左から、決定版「ブルー・インフェリア」「オリスルートの銀の小枝」「癒しの葉」「姫神町リンク」「東カール・シープホーン村」「王国の鍵」「不死鳥のタマゴ」となります。

「ブルー・インフェリア」も打ち切りになって、長い間お話が止まっていましたが、紫堂先生が新たに書き下ろされ、決定版で話の続きが見られるようになりました。

あと、「姫神町リンク」も、途中で話が止まったままです。

f:id:iisanmisa:20200516184914j:plain

カラーボックス三段目に置いてある、紫堂恭子先生のコミックス。

左から、「聖なる花嫁の反乱」「王子の優雅な生活(仮)」「イセングリムの夜警」「呪われた男」「テラ・インコグニタ」「逃げる少女」です。

「イセングリムの夜警」は、続きがあるのですが、確か電子書籍で読んで下さいみたいな感じでした。

とりあえず、出た順番に並べたつもりなんですが、違ってたら、ごめんなさい。

おしまい。

marshmallow-qa.com