耳すまみたいな はてなスターの話

ひかりです。

ブログを始めた頃、はてなブログのグループの記事をチェックするようになった頃だったと思いますが、いいなと思う記事にスターを付けようとすると、あれ、この人、いつも私より先にスターを付けてる!!って人がいて、だいたい、私が行く先にいつもスターを付けていて、何だこれは、世界は狭いのかと思っていました。

映画「耳をすませば」で、主人公が図書館で本を借りると、貸出カードにいつも先に名前を書いている人がいるみたいなシーンがあるのですが、そんな状態でした。

そのいつも、私より先にスターを付けている人は、私のブログの読者でもあったのですが、いろんなブログにスターを付けておられました。

いつも、幅広く読まれているなと思っていたものです。

今考えると、自分の所属しているはてなブログのグループは誰しもチェックする事はあるし、ブログの好みが似ていたというだけかもしれません。

今は、私がブログを見に行った先で、スターの一覧に見覚えのあるアイコンがあっても、別に驚きもせず、むしろ、このブログよかったよねーって共有したい気分なんですが。

 

それから、長くかかりましたが、私はその人のブログの読者になりました。

向こうにしたら、今頃、読者になるの?遅すぎない?って思われているかもしれない。

 

そういえば、ブログ初期の頃は、読者になって下さっている人のブログを見にいく事もあまりなくて、スターも今はチェックしてますが、その時はしてなかったりして、本当、その点は申し訳なく感じています。

そこまで考えが至らなかったんですよね。

ブコメも多分来てたと思うのに、開いて見る事が出来てないのがあったり。(^^;

今に比べたら、ブログで交流っていうのも、あまりやってなかったんじゃないかと思います。

だから、ブログを始めたばかりの人が、いろんなブロガーと交流しているのを見ると、すごいな、この人と思うのです。

おしまい。