ブログを始めたばかりの自分が今のブログを見たらきっと凄いと思うだろう

ひかりです。

手元のメモには、

自分が書きたい物 > 読者が読みたい物

と書かれています。

このブログでは、このブロガー自体の、書きたい物が優先され、読者が読みたいなと思うブログには絶対になっていません。

それでいいとは思ってませんが、そうなっているのです。

時々、朝起きたら、ブログをやっていた事が夢だったらいいなと思う時があります。

もう、記事を書かなくていいから、そう思うのですが、ブログを書かない私って、何の取り柄があるの?と逆に思いました。

ネットでは、このブログ上でしか、評価されてないですし。

ブログをやってなかったら、出会えなかった人達や、もらえなかった反応があったので、記事を書く苦しさはあっても、やってよかったと思っています。

今は、自分が書きたい物 > 読者が読みたい物 になってますが、読者が読みたい物で、なおかつ、自分も書きたい物が書けるようになれたらなと思っています。

今は毎日記事を用意するので精一杯って感じで、正直続けていくのが不安ですがね。

毎日記事を書かねばならないと決められると、下書きの記事から探してきたり、多分ほとんどの人が見ないヴァンガードの事を書いたり、正直、読者の事を考えている余裕はほぼなく、とりあえず記事を上げる事に集中します。

そんな感じの毎日更新が良いわけないのは分かってはいるんですけどね。

ブログを始めたばかりの頃、誰も来なくて、意地だけで更新していたのを思い出しました。

あの頃と違うのは、今は更新すれば、何らかの反応はもらえるという事です。

ブログを開設したばかりの自分から見たら、今の自分は、凄いブロガーになっているという事実に気付いて、びっくりしました。

一般的な見方からすると、全然凄くないと思いますが、PV0がもう何日も続いている昔の自分からしたら、今の自分は評価するに値すると思うのです。

そう思うと、明日も頑張ろうと思えてきます。

おしまい。