コメントの話

ひかりです。

一昨日と昨日書いた記事は、長く下書きに眠らせてきたもので、久々にアップしたら、投稿時間が変になってしまいましたが、間違いなく当日、更新したものです。

 

良いことで、現実世界に引き戻されるブロガーがいて、頑張って下さいとコメントしようかと思いましたが、多分見てないと思うから、コメントはしませんでした。

最近、私が今、こんな事言ってもなーと、コメントをスルーする事が結構あって、確かにコメントしないのは、楽だけど、あの時、書いていればと後悔する事もあるので、勇気を奮い起こして書くべきだけど、現実はそうもいかないんですよね。

私がこのコメントを書いた事で、相手はどう思うんだろうと考えてしまうのです。

はぁ?何言ってんだこいつと思われないかとか。

それに、コメントを書いた相手だけじゃなく、いろんな人に伝わるのがコメントなので、うかつなことは書けないですし。

ブログに長年、コメント機能があるのは、それだけ、ブロガーが重要視してきた物だからだと思うし、私もコメントをもらって、いろんな事に気付かせてもらえたのは事実です。

なのに、どうしてこうも、書く時にためらいが生じてしまうのでしょうね。

よそのブログに行くと、コメントが付いているのを見る時がありますが、この人のコメントはすごい、私ならこの記事に相応しいコメントなんか、ひとかけらも浮かんでこないと、密かにその人を尊敬していたりします。

まぁでも、コメントはそんな、無理しても付けるというものでもなくて、伝えたい思いが溢れてきた時に、書くものなんだろうなと思います。

おしまい。