ハロウィンにブログ論を書く

ひかりです。

今日はハロウィンですね。

結局、飾り付けも何もしませんでした。

f:id:iisanmisa:20191029184654j:plain

ブログに好きな事を書くというのは、どんな反応になっても、自分で受け止められるという覚悟が必要だと思いました。

昨日は、多分ほとんど需要の無い記事を書いてしまいましたけど、それでも、書きたかったから、仕方が無いのです。

好き勝手書いて、人が来るブログは、もう次元が違うと思わなければなりません。

楽しくブログを進めるつもりなら、需要とかはどうでもいいような気がします。

レベルの高い記事を書かなければならない、それを毎日更新しなければいけない、と自分を追い込んでしまうと、息が詰まります。

役に立つ記事とか面白い記事って、どれだけの人がどれくらい書けるのかなと思います。

何の変哲も無い、普通の人間が、毎日それを目指すのは無理があるんじゃないかと。

長くブログを続けていくなら、やはり、楽しくないとだめだなと実感していて、それなら、やっぱり、好きな事を書いていく方がいいなと思ったのです。

好きな事を書いたら、見てくれる人がどうなるかなんて、投稿前から思いがちなのですが、アップしてみないとそれも分かりません。

書く前に、需要がある、ないを予想していても、アップしてみると、予想と全然違っていたという事もあるあるです。

どんな事に反応がもらえるか分からないのが、ブログの一つの楽しさですね。

※何だか同じ事を過去記事で言ってたかもしれませんが、ご了承下さい。

おしまい。