電化製品の不調

ここの所、家にある電化製品の不調が目立つ、ひかりです。

ここしばらく、時々、パソコンの調子がおかしくなり、凍り付く事があって、もう、五、六年使っているんだから、調子も悪くなるよなと思います。

あと、画面が、ブラウザと、デスクトップの交互に、目にも留まらぬ早さで、バタバタと切り替わりまくり、止まらなくなって、もうこのパソコンはお亡くなりになったなと思いながら、待っていると、何事も無かったようにバタバタが止まり、普通に操作ができるようになり、何だったのかなこれはと思いました。

それに、iPod nanoと繋いでいるスピーカーの片方から音がしなくなり、しばらく置くと、元に戻っていたりしました。

あと、ブルーレイレコーダーの番組表が出なくなって、録画が出来なくなりました。

とりあえず、電源を抜いて、様子を見る事に。

やっぱり、電化製品って、調子が悪くなると、いろいろしてしまいがちだけど、様子を見るっていうのも、大事だなと思いました。

 

昔、CDラジカセでCDを再生すると、音飛びがするので、修理に持ち込んだのですが、店員さんがどんな状態なのか確かめるために、CDを入れて、再生すると、音飛びの現象はなぜか起こらず、結局修理せず、持って帰りました。

しかし、家でまた再生してみると、また音飛びがするのです。

修理に持ち込もうすると、何事も無かったかのように、普通に動くのって、何なの?と思います。

あ、今一つ思い当たったのですが、CDの状態の違いだったかもしれません。家で流していたCDが、傷があったとか…。

ちなみに、修理に持って行った時に、店員さんがかけたCDは、倉木麻衣でした。

おしまい。