小さなコミュニティでの評価なんて些細なことだ

ひかりです。

大きくブログ全体を見た時に、はてなブログのコミュニティは、その一部に過ぎないという事を考えると、いろいろ視点が変わります。

小さいはてなブログ村で、どれだけの人がブログをやっていて、スターやコメントを他のブログに付けているのでしょう。そんな人は限られています。

その中で、自分のブログにアクセスしてくれたり、コメント、スターまで付けてくれる人って、とても貴重な人だし、そういう事があるのは、奇蹟ですよ。

はてなブログの読者数とか、スター数とかって、はてなブログでは評価されているけれども、一歩はてなブログを出たら、全く評価されません。

はてなブログをやっている人でないと、読者機能は使えないし、スターもそうなので、結局は、内輪でやっているに過ぎないのです。

確かに読者機能やスターはいい機能だと思いますが、はてなブログ以外からも読んでいる人がいるのに、そういう人の事を考えなくなってしまう危険性があります。

それに、はてなブログでウケてるからといって、他のブログでウケるとは限らないです。

なのに、はてなブログでウケる記事を書き続けていると、私のブログを含め、将来的には取り残されると思います。

 

私のように、ターゲットを、はてなブログをやっている人にしている人は、それでいいかもしれないけど、どっちみち、行き詰まるでしょうね。

これからは、小さなはてなブログ村に収まらない記事を書かねばならない時期が来るし、ブログサービスのコミュニティにばかりに頼ってはいられないなと思います。

おしまい。