ブログにネガティブなことを書いても別にいいと思うんだけど

夜中にこの記事を書いている、ひかりです。

他の人のブログを見ていると、ネガティブな記事を時々見かけますが、掛ける言葉が見つからず、コメントは書かない事が多いです。

自分がどんな言葉を掛けても、その人の心を軽くする事は、出来ないだろうなと思うのです。

実際に会って、話が出来たなら、励ます事が出来るでしょうが、そんな事は無理ですしね。

そのブロガーと私との距離が物理的にも、ネット的にも離れているんだという事を突きつけられます。

ブログを見る事しか出来ない自分が情けないですね。

 

それで、昔、ネガティブな事はブログに書かない方がいいという意見に遭遇した事を思い出しました。

その理由は、読者が読んでいて、暗い気持ちになるし、どうしてあげられようもない所があるという事でしょう。

だからといって、ネガティブな内容だけど、記事を書きたいと思った気持ちを押さえ込んでしまったら、ますます気持ちが落ち込んでしまいます。

ブログでしか書けない事ってありますしね。

その人がネガティブな記事を書くことで、気持ちが少しでも落ち着くのなら、別に書いてしまったっていいと思います。

ただ、全記事そんな感じだと、こっちも落ち込んでしまうので、気持ちが回復された時は、ぜひその事をブログに書いてほしいです。

おしまい。