たくさんの文章の犠牲があって今の私のブログがある

ひかりです。

ある程度、自分が書く物に、妥協しないと、ブログは続けられないと思います。

いつもいつも、素晴らしい記事が書けるわけがないし、そんな事が可能だと思っている自分の考え自体がおかしいと思えます。

ブログをやっていると、自分が納得いく記事が書ける時もあれば、こんなのしか書けなかったと思う時があります。

そんな時、上手く書けなかった記事を切り捨てるがために、ブログの下書きは、ボツになった記事が沢山溜まってしまうという悪循環になってます。

これは、まぁ、しょうがない事だったりします。

ブログによりよい記事を載せたいですしね。

でも、無駄にした記事の量を見ると、ぞっとします。

 

このブログは沢山の文章の犠牲があって、成り立っているんですよね。

なるべく、記事を無駄にしないように、上手く書けない自分をあまり否定しない事が大切かなと思います。

大体、ブログのアクセス数とかって、他の人が見ている数字であって、自分がどんな風に書いたかとか、どういう工夫をしたかとか、見えてないし、文章とか画像だけで伝えるしかないし、全体的な評価というものは、自分しか出来ない所があります。

 

前に、手塚治虫が仕事をしている所に、カメラを置いて、一日の様子を見るというのが、NHKかどこかでしていたんですけど、ああいう風に、ブロガーに一日密着してみるのも面白いかもしれないですね。

(もうやってるかもしれないけど。)

他の人がどうやって、ブログを書いているのかは、興味があります。

まぁ、まずは、自分のブログをどうにかしなきゃですね。

おしまい。