ブログを書くと何かしら動いていく

本屋に行ったら、月間ブシロードの10月号がなくて、がっかりした、ひかりです。

頭のスイッチが変わったのでしょうか、ブログ論が遠のき、逆に今まで書かなかった自分の事を書いています。

正直、下書きに溜まっている書きかけの文章は、自分が見てもつまらないものです。

この前、ドール関係の記事にアクセスがあって、ほぼこういう記事に需要はないと思い込み、書いてなかったのですが、書いてもいいんだ、読んでくれる人もいるんだと気付きました。

いろんな事を書いていると、たまに意外な反応を得る事があります。

書いた事で、何かしら動いていくものです。

この記事上手く書けなかったけど、アップしてしまったと思っても、逆に評価されたり、自信を持って書いた記事に反応がなかったりというのはあるあるですね。

自分の中の評価と、他の人の見方というのは違うなぁとつくづく感じます。

私は大体、自分が納得いった記事を載せたいという思いが強すぎるような気がします。

もっと、肩の力を抜いて、評価がどうであろうと、書きたい事を書き、アップしていった方がいいのかもしれません。

まぁ、自分で需要がないと思っている記事をアップするのは、勇気がいりますけどね。

人気ブログだと、多少変な記事書いても、付いてきてくれる人がいると思います。

でも、そうでないブログが、アクセス数がどうだろうと、好きな事を書くと言い切ったとしたら、かなりすごい人だと思いますよ。

大抵、アクセス数で気持ちが落ち込んでしまいますから。

もうなんか、ブログはいろいろ数字で評価されるのが、何か当たり前みたいになって、数字が付いていかない人が評価されてないみたいになってるじゃないですか。

それって、違うと思います。数字は大事ですけど、本当に評価された時というのは、読んでくれた人の感情を良い方向に持っていった瞬間じゃないんですかね。

 

何か自分でも、どんな記事を書けば需要があるのか、こんなに書いているのに、全然分かりません。

だから、迷走してしまいます。

ただ、書きたい事を書くというのは、忘れないようにしたいです。

おしまい。