光GENJIってすごいと改めて思う

ノリノリで記事を書いている、ひかりです。

光GENJIというジャニーズのアイドルグループが昔ありました。

その映像をチラリと、見たのですが、すごくないですか、ローラースケートしながら、踊ったり、歌ってるって。

いや、大分前からそれは知ってるんですが、改めて映像を見ると、かなり難しい事をやっているなぁと感心するのです。

それに、光GENJIっていうネーミングセンスもいいなぁと思います。

幼い時に、一緒に遊んでくれた近所のお姉さんが、光GENJIのメンバーの中で誰が好き?と聞いてきたのですが、は?ひかるげんじって何?と思った私は、何を言ってるのこの人?と思い、答えなかったのです。

そういえば、忍たま乱太郎のエンディングも、長らく、光GENJIが歌う、「勇気100%」のままだった事も何だかうれしかった事なのです。

そういえば、近所のお姉さんは、なぜ、幼い私に聞くの?と思う事も聞いてきました。

「ひかりちゃんの家は貧乏?」

貧乏という言葉も知らなかった私は、びんぼ?もしかして、絵本にあるディズニーのダンボの事だろうかと思い当たったのですが、どう答えたかは覚えていません。

ていうか、貧乏かどうか、そもそも貧乏であっても、貧乏とは思ってないかもしれないし、正直その頃の私には、分からない事です。

質問の内容が、もっと上の歳の子に聞くような事なので、未だに、この近所のお姉さんが何をもって、そう言ったのかよく分からないです。

おしまい。