ブログの更新が止まるということ

ひかりです。

8月28日にこの記事を書いていますが、雨が降りすぎて、怖いです。

何が起こるか分からないので、完成した記事を次々予約投稿しています。

 

アニメや漫画などはいくら続きを見たいと思っても、最終回を迎えたら、諦めるしかないんですよね。

ブログもそうだなと思います。

更新が止まってから長いブログは、最後に書かれた記事をもって最終回となったのだと思います。

再開して書くという事もあるかもしれませんが、例えば、一年間更新が止まったままのブログだと、再開する確率は低いと思います。

ブロガーがもう更新出来ないと決まっていたら、その前に記事内でお知らせするとは思いますが、大抵、更新が止まったブログって、お知らせがないんですよね。

多分ブロガーにも予想外の事が起きてしまったんでしょう。

今更新が続いているブログでも、いずれ来る更新が止まる日の事は心の片隅に置いておくべきかもしれません。

と考えると、何年もブログを続けられている人というのは、稀有なような気がします。

書けない状態が続いたら、あらかじめそういう時のために書いていたメッセージが、ブログに自動的に投稿されるとか、ブログを続ける意思があるかどうかを何かで、ブログ上で分かるように出来たらいいのにと思います。

最悪の場合、亡くなっている事もあるかもしれませんが、私はたとえ、放置ブログになったとしても、その人が生き続けてると思いたいです。

ブログをやらなくても、元気で無事に日々を過ごしていたら、ブログが更新されなくてもいいんじゃないですかね。

おしまい。