ブログ脳は治らない

ひかりです。

今日は、なぜ、ブログ論ばかり書いているかについて、書きます。

前にもこの事は書きましたが、新たに書きたくなりました。

言ってる事が違ってたり、同じ事を書いてたりしますが、気にしないで下さい。

arutenaira.hatenablog.com

雑記ブログとはいいつつも、ブログ論ばかりになっているのは、理由があります。

そもそも、このブログで、ブログ論を書いたきっかけって、読者が現れて、頑張らねばと、背伸びをして、書いたのがきっかけだったりします。

それから、しばらく、ブログ論を書く事で、自分に影響があるのを気付かないまま、書き続け、ある時、ブログ論ばかり書くのはよくないかなと、あるブログを見て思って、やめようとしたのです。

ところが、日記を書こうとしても、頭がブログ脳になってしまって、何でもブログに結びつけてしまい、ブログの事を書かないようにしても、それは無理だという事に気付いたのです。

こうなる前に、もっと他の話題の記事を書いたり、工夫をしていればよかったなと思います。

一度、ブログ脳になってしまったら、もう前のようには戻れません。

っていうか、ブログ論だけ専門にしても、しょうがないなと思います。

ブログをしている人ばかりが来るわけではないし、そういう人は興味ないでしょうしね。

でも、直しようがないので、これからも、このスタイルで行くと思います。

需要はあまり無いのかもしれませんが、私がブログを続けていくためには、ブログ論は欠かせなくなっています。

新しくブログを始めた人が、ブログ論漬けにならないようにとの思いから、こんな記事を書きました。

まぁ、最初からブログ論中心に書くって人はあんまりいないと思いますが。

私も、他に記事に出来るような話題があったら、そっちを書くんですけど。

自分でもこのブログ漬けを何とかしたいのは、やまやまなんです。

けど、頭がブログに染まっちゃって出来ないというだけなんですよー。

おしまい。