いいなと思ってブックマークに入れていたブログの記事を久々に読み返すとそうでもなかったり

去年のたしか年末辺りに、はてなブログで「わたしの選ぶはてなブログ大賞」というお題が出たのを泉杏さんのブログを見ていて、思い出した。

an705fgp.hateblo.jp

あのお題が出て、投稿した後、ブックマークのフォルダを作って、自分が素晴らしいと思った記事をぽんぽん入れて、6月の終わりに、半年経ったから、取り上げようと思って、読んだのだが。

あれ?読んだ当初はとても感動したのに、今読むとそうでもないぞと、私の感覚がおかしいのかもしれないが、そう思った。

初めて読んだ記事ではなくて、知っているから、そんなに思わなかったのかもしれない。

今ブックマークを見ると、相当な数を入れていて、読もうと思ったけど、何だか気が進まない。

まぁ、あくまで過去の自分がいいと思った記事なので、今の自分と意見の対立があっても、おかしくはないのだ。

結構人気ブログの記事が多くて、面白いのに、以前読んでるので、飽きているのを感じる。

っていうか、ずっと飽きられない記事の方が珍しいと思う。

何回も同じ記事を読み返す事ってあるだろうか?

あるのかもしれないが、大体は一回見たら終わると思う。

今読まれた記事は、いずれ、過去の物となり、読んだ人が飽きるけど、新しく見に来た人が、過去ログを読んで、新たな発見をするかもしれない。

そういう世界がブログだったりするな。

はてなブログのトップページの一番下の所に、ブログタイムマシーンという項目があって、大体一年前の記事が紹介されていて、ああ、この記事読んだな、あれから一年かと感慨深かったりする。

一年前の記事なのに、色褪せないって凄い。

私のブログも、たまに、大分前の記事にスターを頂く事があり、嬉しく感じる。

読んで下さる方には、本当に感謝しかない。

ありがとうございます。

おしまい。ひかりでした。