反応が無くてもブログを書き続けられるって凄いと思う

ブログは続ける事が大切とか、検索エンジンに拾われるようにしようとか、役に立つ記事を書こうとか、そんなのより、自分が書きたい事を書くべきだし、人の意見に振り回されて、ブログが楽しくなくなるなら、本当に残念な事だと思う。

本とか、ネットで調べたりもせず、ブログを始めた私は、それが良くなかった事だとずっと思ってきたけど、別にそれでも、記事は書けているんだから、問題はないわけだ。

一年続くブログも珍しいのに、我流のやり方で続けてきた私のブログが残っているのは、何だかおかしい事のように思う。

始めた時に、上手くいかなかった経験は後で宝になると思っている。

ただ、ブログをある程度続けないと、そう感じられないなとは思う。

人が来なくても気持ちが負けず、ブログを続けるって、並大抵の精神ではないよなと思う。

私なんか、記事を投げつけるように、アップしてたしな。

時々、ブログを始めて間がないのに、人気がある所も見かけるけど、それは、ブログ界における、超大型新人なんだろうなと思う。

新しく始めた人のブログが、皆長続きするよう願っているけど、そうもいかないのは分かっている。

自分でブログの幕を下ろす人もいると思うし。

ただ、新しく始めた人達に託していかないと、ブログも存続していかないのではないかと思うのだ。

それと、今まで、スターやコメントをされた分、私もまた、他の人のブログに返していかないといけないなと思っている。

どちらも受け付けていないブログもあるけど、そういう時は、ブログランキングのバナーがあれば、押すことにしている。

おしまい。ひかりでした。