ブログを停滞させたくないから更新している

私がブログを毎日書いている理由って、ブログを停滞させたくないからだ。

更新してない日に、ブログチェックするのが怖い。誰も来てないかもしれないし。

それに、記事にしてアップするという作業をこなすのはきついけど、これをやらないと、心がざわざわしてしまう。

書いてアップした時、安堵感はあるけど、また次の日、記事を書く事を考えねばならず、どうしようといった感じで、白紙のエディタを見つめる。

書く事がないなら、無理に書く必要はないし、ブログを長く続けるためなら、少々休んでも大丈夫だろうと思う。

毎日更新を課すのは、そういう風に習慣づけないと、ずるずる休んで、ブログが放置状態になってしまう事を危惧しているからでもある。

実際前のブログでも、もう更新しないんじゃないかって思うくらい、休んだ事もあるし。

今では考えられないけど、ブログがどうでもいい存在になってた時もあった。

前のブログで、三ヶ月毎日更新した事もあるけど、その後が続かなかった。

 

はてなブログでは、長続きしているのが不思議だなと思う。

といっても、一年と数ヶ月だから、これから先どうなるか分からないけれど。

私より先に始めた人達が、半年、一年、二年と、更新を続けて、頑張った姿を見せてくれたから、未来が見えて、頑張れたのかもなと思った。

それと、同じ頃にブログを始めた人達にも、いろいろ刺激を受けたし、そういうブログが残っていってるのを見ると、嬉しかったりする。

 

しかし、ブログが一年も経たずに更新が滞ってしまうのを見ると寂しいけど、まあ、仕方ないね。

自分もいつ更新が止まる事態になるか分からないから、それが怖いけど。

書ける時に書いておくしかないなと思う。

おしまい。ひかりでした。