ブログの更新が自分の中で根付いているのを感じる

書けないのを無理して書いてるものだから、悩んで手が止まっている時間が、もの凄くもったいなく感じる。

エディタに向かい、書いている時間の長いこと。

昨日の記事は確か一時間近くかかったような…。 

書けない書けないって書いてるけど、全く書けないわけじゃなく、上手く記事にまとめられないと言った方が正しいかもしれない。

大体、私のブログの書き方って、思いついた事をエディタに書いて、行き当たりばったりに進めるという、あまりおすすめできない方法を使っているのだ。

自分でも毎回、よくそれで終わりまで持って行けるなと思う。

記事を書いた後、悩むのが、タイトル。

本当に記事が雑談になっているので、どこをピックアップした方がいいのか、悩む。

前は、来た人ががっかりしないように、なるべく人が来ないようなタイトルにしてたけど、最近は見てもらえるように、記事の内容も少し分かるようなタイトルにしている。

今のような記事の書き方を始めた理由はよく分からない。

多分誰にも教わってないと思うし、調べたりもしなかったんじゃないかな。

それで支障もなかったから、長い間、こんな書き方をしてたんだと思う。

前にやってたブログとの違いは、かなり更新を頑張っている所だろうと思う。

なんかもう、書かない、休む!って感じの日が、あまりないからね。

書けないけど、書きたいと思ってしまう。

それくらい、ブログの更新というものが、自分の中で根付いているんだろうなと思う。

おしまい。ひかりでした。