更新が止まったブログの過去ログを読んだけど

更新が止まった好きな二つのブログの過去ログを、最初から読んでみようと挑戦してみたものの、途中で帰ってきてしまった。

過去ログはブロガーの記録として残っているもので、もうその記事の世界にブロガーはいないんだと思うと、きゅーと胸を締め付けられるような気がしたからだと思う。

その家の主を訪ねていったのに、建物が売りに出されている状態みたいな。

もっと、更新されていた時期に、過去ログを読むべきだったと今頃後悔するけど、遅い。

更新が止まってるから、過去ログ読むのにいい時期かも、なんて思っていた自分が甘かった。

好きなブログは読める時読んでおく、なるべく更新を追っかける。

明日も、明後日も、そのブログがあるんだろうと、思い込んでしまう所があるけど、半年後、一年後にどうなっているか、分からない。

だから、好きなブログを追っかけるのは、今しか出来ない事だと思う。

なくなったら悲しいというブログは、沢山ある。

もう見られないという事になったら、どんだけショックか。

でも、見られなくなったとしても、他のブロガーが頑張るような気がするし、ブログもどんどん新しい人に託していかなきゃいけないんだろうなと思う。

おしまい。ひかりでした。