かくものの

※2019年4月19日、ブログ名を「arutenaira」から、「かくものの」に変更しました。テキスト中心の雑記ブログで、はてなブログ中心の視点から書いているので、分からない所もあるかと思います。

ブログについて思いついた事を書く

髪をくくる事で、うねった髪をなんとか誤魔化している、ひかりです。

(口調が変わります。)

この世界には素晴らしいブログが沢山あって、と同時に、自分が大好きになるブログも山のようにあるのかもしれないとふと思った。

ここの所、そういうブログを見つける事が多く、これから、じっくり読んでいこうと思っている。

好きになるブログって、不思議な物で、一記事だけ読んだだけでも、私の心を掴んでしまう。

気になるブログがあると、最新記事の中から、気になるタイトルの記事を読み、さらに興味が湧くと、最初の記事を読むというパターン。

ただ、あんまり、長い記事は読めないけど、私が我慢できるギリギリの長さまでだったら、何とか読める。

私は、どうも、長い記事を読む時、わーっとなって、落ち着いていられなくて、我慢できなくなる所がある。

記事が長いために、好きなブログなのに、読んでいてイライラしてしまう私はおかしいのかもしれない。

スクロールする度、まだ終わらないのか…と、まるで校長先生の話を聞くみたいに思う事も多々ある。

じゃあ、読むのをやめればと言われそうだが、記事自体に問題があるわけじゃなく、興味の持てる内容なわけで、話の長さに付いていくのにエネルギーを使うというだけだ。

私が活字苦手なのは、本だけに留まらず、ネットでもそうなんだな。

そういや、最近本屋に行っていない。

昔はあんなに大好きだった文庫コーナーは素通りして、漫画のコーナーを見る事が多くなった。

大人になってから、本をあまり読まなくなったのだろうと思う。

どうして、そうなったか、自分でも分からない。

最近、すっと読めた本なんて、町屋良平の「青が破れる」ぐらいしか思い出せない。

何か、あれは読みやすかった。付属で載ってた短編は読まなかったが。

ブログ読むのも、読書と同じ効果があるのかなとふと思った。

あるとしたら、いいけど、そうでもなさそうな…。

時たま、他の人のブログ見てると、文章が素晴らしくて、エッセイを書いている人が居て、すごいなぁと思う。

私はそういうブログ、結構好きだ。

自分は真似出来ないし、そういう書けるような事も起こらないので、ただただ、感心する。

無い物ねだりは、しない方がいいなあ。

はてなブログの目指す場所にもあるけど、

 

ぜひ、あなたの言葉で、あなたならではの視点で、あなたの考えていることや、あなたの体験を、はてなブログに書き残してください。

それはきっと、見知らぬ誰かのためになります。

それはきっと、いつか見返す未来の自分のためになります。 

 

自分の言葉で、自分の経験に基づいて、書けば、きっと価値がある物になると思う。

実は、最初に、はてなブログの目指す場所を読んだ時、感動して、泣いてしまった。

ありがたいね、書ける場所があるって。

書いてたら、1000文字超えてしまったので、とりあえず、おしまい。