京都アニメーションのこと

昨日からニュースで伝えられている通り、京都アニメーションが放火され、33人死亡、重軽傷者は30人を超えている。

そんな中、自分は何をのんきに記事を書いているんだ…と思った。

京都アニメーションの事に多くの人がブログで触れて、皆悲しい思いをしながら、犠牲者のご冥福と、負傷した方が一日も早く回復される事を願っているというのに。

この事、この事件があった事は、一年後の自分が見て、ちゃんと思い出せるよう書いておくべきだと思った。

昨日、テレビを付けると、火災の様子が映っていた。

あまりの事に信じられなかったが、その後のニュースを見るたびに深刻度は増していき、沢山の人が亡くなってしまった。

はてなのキーワードから、京都アニメーションについて書かれたブログ記事をいくつか読んだ。

悲しんだり、犯人に憤ったり、どうしてこんな事が起きてしまったのか、皆考えている。

私は、京都アニメーションについて、全然何も知らなかった。

こんなすごい会社が、京都にある事も知らず、この会社が作ったアニメは見てたんだろうけど、京都アニメーションが作っていたとは思ってなかったかもしれない。

皆の夢や希望の元となるアニメが作られた場で、こんな悲しい事が起こった事が、信じられない。

犯人が何を思っていたかは知らないが、あまりにも酷い。

 

亡くなられた方のご冥福と、負傷された方が回復され、こんな悲しい事が二度と起こらない世の中になる事を願っている。