かくものの

テキスト中心の雑記ブログを書いています。

コメントのはなし

ツバメの鳴き声がBGMのひかりです。

コメントを募っていたが、全く来なかったというのは、よくある事。

「~と思うのですが、皆さんはどう思いますか。よかったらコメント下さい」

ブロガーが、そういう呼びかけをしても、普通は返ってこないしね。

返してくれる読者がいるのは、かなり信望を集めているブロガーなんだろうなと思う。

 

大体、コメントは昔から、書くのにものすごく勇気がいるものというのは変わらないと思う。

気軽にコメントを残して下さいとか言われても、こっちとしたら、とても気軽に書けるものでもないのだ。

変な事を言ったらどうしようとか、本当にこの文章でいいのかとか、そういう不安が、付きまとう。

それでも、コメントを書きたいと思える時があり、私はそういう気持ちを大切にして、よほど上手く書けそうにない時以外は、書くようにしている。

まぁ、最近はコメント欄を閉じているブログも多いので、メッセージを送りたくても送れない時があるけど。

自分がいろいろ思いながら、コメント書いているので、私のブログにコメントが届くと、尚更うれしいのだ。

おしまい。