書けないということを書く

ひかりです。

上半期、ブログとしては、1月の始めに1週間くらい休み、2月から4月は毎日更新を続け、5月に6日休みました。

ブログ論とか、書きたい事があふれ出る時もありましたが、書けなくなる事もありました。

今もそうなんですけど、読者の期待するような記事が書けなくて、とても心苦しいです。

がっかりして帰る人を想像すると、本当に申し訳なく思ったり。

こんな時は休むのがいいのですが、書くことにしました。

昔なら、こんなに追い詰められたような感じで書かず、もっと気軽に書けたものですが、今はそうではないです。

今回は本当にそのままずっと書けなくなるのではないかと思うくらい、落ち込んでしまっています。

もともと、ブログは苦しむために始めたわけではないし、もっと自分自身を大切にして書くべきかもしれません。

200文字しか書けないから、アップしないとか、大体ブログは何文字以上とか決められているわけではないのに、ある程度の文字数書かないと、ブログとして成立しないと思い込んでいたり。

書けない時に、余計に自分がハードルを上げてくるので、書けないのは、当たり前ですね。

元気な時と同じ記事が書けるわけがないですからね。

というわけで、おしまい。