キーボードの打ち過ぎで手がだるい

下記にアクセス数を晒してみた、ひかりです。

f:id:iisanmisa:20190611084629j:plain

ある日のアクセス解析

少ないなと思った人もいれば、人来てんじゃんと思う人もいるだろう。

どう受け止めるかは、読者の人に託そう。

なぜ、突然晒そうと思ったかは、よく交流しているブロガーさんが、アクセス解析のスクショを記事に出してて、私だけ安全圏にいてはだめだなと思ったからだ。

かといって、運営報告をするつもりはなく、スマホでスクショしたアクセス解析を載せるだけになった。

 

それはそうと、今年に入ってからだろうか。

キーボードを打つとき、手がだるくなってしょうがない事があって、検索してみるけど、よく分からなかったり。

キーボードの打ち過ぎと、精神的なものがあるかもしれない。

元々、手を使う事が苦手というか、何かわーっと来るものがあり、ピアノなんかも習ったけど、一日でやめたし、そろばんも続かなかった。

でも、今まで、もう二十何年、キーボードに関してはそんな事はなかった。

例外のように感じていたけど、ここの所、キーボードもわーっと来るようになった。

手の使いすぎかな?

何か手がだるくなりそうって、思うだけで、調子が悪くなる感じがする。

それと、精神的にわーっとなるのは、不完全なブラインドタッチのせいもある。

よく打ち間違えるし。

キーボードを長い時間打ちたい私は、だるくなる事で、活動が制限されるので、困る。

手を休めろという事だろうか…。

手をパンパン叩いて、しゃっきりさせようとするが、なかなか効果が現れない。

どうにかなんないかな。

おしまい。