今読まれている記事が将来にわたって読まれるかは誰にも分からない

ニュースを見る度、この国には夢も希望もないのかと落ち込んでいる、ひかりです。

(ここから口調が変わります。)

はてなブログランキングを見ていて思ったのだが、今読まれている記事が将来にわたって、読まれるかどうかは誰も分からないという事。

大勢の人が認めたブログの記事が、未来もそうかというと、そうではない可能性もある。

ていうか、ブログの記事って、書いた時点から、もう段々鮮度が落ちていくような気がする。

それに、未来にも通用して、読んでもらえる記事が、今の時点で人気がない場合があるのだ。

書いて、10年後、人気のなかった記事が一躍脚光を浴びる事だってあるかもしれない。

まぁ、10年後もブログサービスが続いているかどうか分からないけれど。

今、役立たなかったり、くだらない事だったり、面白くなかったりする事が、実は、未来では、貴重な物だったりする可能性がある。

誰も、今の時点で判断出来ないって事だな。

正直、いろんなブログを読んでいるけれど、興味がなくて分からなかったり、難しい専門的なものだったり、読む余裕がなかったりすると、読まないか、途中で読むのをやめる事がある。

でも、今までこれ、つまんなすぎとか、読んで損したとか、そういう思いになった事は記憶の限り、ない。

がっかりした!と憤慨して、帰る事もないし。

 

そうそう、家庭科や歴史の授業に、ブログが出るかもね。

人々がどう暮らしていたかという授業で、昔の人は、ブログという物に、日々の生活の様子や、考えを書いたりしていましたって感じで、教科書に書かれていたりして。

それにブログの内容が紹介されていたり、自分でブログを見つけて、研究ノートに書くとかいう宿題もあったりして。

ブログがオワコンになって、何もなくなっていたり、ネット自体がまた別のものになっている可能性もあるけど。

 

まぁ、何が言いたいかというと、人生、何が起こるか分からないという事だ。楽観的な意味で。

ブログは、希望を与えるツールだと思っている。

どんな人の記事も、未来を明るくするために書いているんじゃないかな。

過去記事は、昔の自分から来た手紙のような物で、宝物だ。

そんな自分の記事の価値を分かってやれる私になりたい。

というわけで、おしまい。