ブログの価値はアクセス数や読者数では推し量れないものがある

衣替えをすっかり忘れていた、ひかりです。

 

どれだけ読者数やアクセス数を稼ぐかとかいう記事を見ていて、何かもやもやしたのです。

何がもやもやしたって、まるでブログの価値は、読者数やアクセス数で決まると言われているようだなと思ったのです。

まぁ、実際そうなのかもしれませんが。

どれだけいい記事が書けたか、人の役に立ったり、人の心を動かす記事が書けたか、ブログとして成長出来たかが大事なんじゃないのかと思いました。

たった一人の心に刺さるだけでも、本当にすごい事だと思うんです。

 

ていうか、はてなブログでの、読者数、スター数などは、内輪の物なので、他ブログをやっていたり、ブログを持ってない人だと利用出来ないので、数字に反映されていないという事があったりするんですよね。

あと、記事がいいな、コメントしたいなと思っても、勇気がいったり、上手く書く自信がなくて、しない人もいると思うんですよね。

それでもコメントしてくれる人は、すごく、ものすごく、稀有な人ですよ。

この人を大切に出来ないとだめですね。

 

それに、はてなブログというコミュニティに頼りすぎているのもどうかなと思いました。

ブログを見てる人は、はてなブログやっている人ばかりでないし。

でも、私はどうしても、はてなブログ中心に考えてしまうんですよね。悪い癖ですが。

そういえば、はてなブログ以外のブログって、見に行ってなかったり。

それは、はてなで読者になっている人の記事を追うだけで、精一杯になっているからです。

最近気が付いたんですが、私は他の人みたいに、いろいろ出来ません。

無理にやると、調子を崩してしまい、普段のような生活を送ることが難しくなります。そんなだから、毎日更新は難しいかもしれないなと思い、いつ出来なくなるだろうと思いながら、書いています。

 

しかし、散歩をすると、思考が活発化しますね。

頭の中で、自分が語り出すんですよね。ブログに書く事を。

メモを持たずに出かけたのを後悔しました。

というわけで、おしまい。