ブログについて考えたこと

そもそも、ブログは無理をして書いたり、ないネタを絞り出すようにして書くものじゃないと思う。

なのに、何でこだわるのかと言えば、継続日数が途切れるのが怖かったり、ネット上に書いてあるブログ論を見て、更新し続けなきゃいけないという知識を植え付けられてしまったせいだろう。

その人のペースというものがあるし、毎日更新が合う人と合わない人がいるのに、毎日更新すべきと誰が言えるのだろう。

大体、書いてる本人が楽しく書いてないのに、人がその記事を見て、感動したり、楽しめたりする事はない。

書く事を楽しめないのは、ブログと距離を置けという事かもしれない。

休むのもいいけど、ずるずる何日も休んでしまうと、ブログの感覚を忘れたり、戻るタイミングが掴めないので、一日ぐらいが妥当かなと思う。

ずっと書けないのかと思うと、苦しくなるけど、そうではないし、取り繕って書く必要もない。

書く事にこんなに苦しさを感じていながら、書こうとするのは、心の中で、ブログの存在が大きくなっている証拠だと思う。

ブログが嫌いになったから、書けないんじゃなく、ブログが好きだから、書けない事が苦しいんだろう。

どうしても、楽しんで書ける時期は終わる時が来るし、今積極的に更新してる人達でさえ、いつかは更新出来なくなる。

今だけを見て、落ち込むのではなく、多少更新がどうなっても、ブログを続けていこう、休んでもまた書こうと思っていったら、いいんじゃないかな。

おしまい。