かくものの

テキスト中心の雑記ブログを書いています。

はてなブログの読者登録という機能は諸刃の剣だと思う

予約投稿をしたものの、記事の事が気になり、夜中の0時過ぎても起きている事の方が多い、ひかりです。

f:id:iisanmisa:20190419004048j:plain

さて、そんな感じで、起きていたら、まけもけさんのブログが更新されているではありませんか。

 

www.gw2.biz

 

まず、タイトルからして、ブログ論を中心に書いてる私には、興味津々の話題なのです。

ちなみに私のブログの検索流入は、数パーセントに過ぎません。

はてな関連から来る人が圧倒的に多いです。

つまり、はてなブログの世界ではそれなりの力を持っているという事です。

多分、他のブログサービスで、このような内容の記事を書いたとしても、間違いなく人っ子一人来ないと思います。

コミュニティ様々です。

 

ですが、それにあぐらを掻いて、読者になってくれている人にそっぽを向かれるような運営をしていると、読者登録を外され、あっという間に見てくれる人が減ってしまい、まさにおしまいの状態になるのです。

読者登録なんてものがないブログサービスより、はてなブログが怖いのはその点です。

 

ここの部分がいいこと言ってるなと思いました。

これから近い将来、「検索流入を増やすにはどうすればよいか?」と考えること自体が時代遅れになってくるのではないでしょうか。それより「今日は何か新しい記事がないかな?」と思ってもらえるようなサイト作り、具体的に言えばRSS登録やブックマーク登録、はてなの読者登録をどれだけたくさんしてもらえるかが重要になってくるのではないでしょうか。 Googleを相手に検索に引っかかるように頑張るより、いろいろな人の心に引っかかるように文章を綴っていくほうが楽しいと思うんですけどね。 「10万PVのうち、検索流入は数パーセントです。ほとんどの人が固定ファンで、口コミで読んでくれる人が増えています!」という運営報告なら「すごい!」と思うのですが、なかなかそんな運営報告は目に見たことがありません。

検索流入をいかに減らすか - ぐわぐわ団

確かに検索して、情報が分かったらもう、そのサイトに再び行く事はあまりないですからね。

役に立つ記事を書けとよく言われますが、私は、人の役に立つ情報を持ってないのです。

じゃあ、そういう人がブログを書いたらいけないのかというと、そうではなく、人の人生は、それぞれで違っているので、それを書いたら、面白いと言ってくれる人だっていると思うんです。

ブログの好みは、人それぞれ違います。

有名ブログでも、人によっては合わない場合があります。

 

その内、PVがどうのという話題自体も、おかしな事だと皆が気づくようになるでしょう。

ていうか、注目すべきは、UUでしょう。

PVだと、同じ人が例えば、3ページ見たら、全部加算されますが、UUは、同じ人が沢山ページを見ている場合でも、1になります。

本当に、どれだけの人が来たかは、UUで決まります。

ていうか、はてなブログの無料版ではUUは出ません。Proは知らないけど。

はてなブログにログインして、自分のブログを見ても、何故かPVが増えないので、多分私の足跡は加算されてないと思われます。

自分のアクセスでぬか喜びは、ブログの世界ではあるあるだったりします。

 

PVに振り回されたり、大勢の人に好かれようとしなくても、1人の人の心に届く記事が書けたらいいんじゃないかなと思います。

まけもけさんの記事は大変為になる記事でした。

久々に1000文字超えるぐらい書きました。

 

何か質問とかメッセージがあったら、匿名で下記のサイトから送れます。

返事は、ブログでするようになると思います。

marshmallow-qa.com

おしまい。