いい時も悪い時も見続ける事が大事な気がしてきた

これを書いている時、フィギュアスケートの世界選手権、男子シングルが放送されているが、観るのに勇気がいるので、録画だけしてリアルタイムでは観ないという選択肢を選んだ。

日本の選手を応援するあまり、平常心で観る事が出来ない。

ジャンプのたびにハラハラドキドキ。

これが録画だったら、ネットで結果見てから、見る事が出来るので、ある程度落ち着いて観る事が出来るのだけど。

フィギュアスケートファンならば、選手の演技がいい時も、そうでない時も、寄り添うように、応援するんだろうけど、私は、テレビから逃げてしまった。

 

アルベールビルオリンピックで、伊藤みどりが一本目のトリプルアクセルを失敗した時点で、もうメダルはだめだとテレビを消してしまった人の後悔たるや。

スポーツは最後までわからないものだ。もうだめだとテレビを消すのではなく、選手の演技を最後まで見届ける覚悟がないといけないのかもしれない。