自分のペースでブログを更新出来たらいいと思う

ある程度暇でないとブログを続ける事が難しいのではないかと、ふと思った。

時間が限られていると、毎日更新とかは大変で、二、三日に一回がペースだという人もいるだろう。

私なんか、時間が限られていたりすると、記事が書けない人だったりする。

ふと、別に毎日更新しなくたっていいのではと思う。

さすがに、二、三ヶ月休むとかすると、読者もあれ?もう更新しないのかなとも思ったりするが、そうでないのなら、自分のペースを掴んで、やればいいと思う。

毎日更新してたって、どうでもいい事や、質の悪い記事ばかり書いてたら、人は離れるし。

私のブログのサイドバーのリンクを見てみると、更新が止まってしまったブログがいくつかあるが、大好きなので、更新が止まった後も載せたままにしている。

いつか、更新されるという期待感を抱きながら、待ってる。

 

ブログを続けていく上で、火のように、一時的に燃え上がるのではなく、水のように滔滔と流れていくようにするのが、理想だと思う。

ブログを続けられる才能ってあると思う。

休んだって、歩みを止めないブログが残っていくのだろう。

誰しも、更新の止まったブログでも、何か印象を残していくと思う。

 

ただ、もう何年も放置されているのを見ると、この人に何か大変な事が起こったか、それとも、もう飽きてしまって、更新する気がないのか、判断が付かない事がある。

大丈夫かなと思って、Twitterへのリンクが張られていたので、見てみると、投稿されていて、ほっとしたり。

またブログに戻ってきてほしいと思うのは、私の勝手な考えだけど、そう思わせるような、素晴らしい記事を書く人だった。

 

どんなにブログの才能がある人でも、長く続ける事が難しいのが、ブログの世界だと思う。

今まで、いい記事を書いていても、続かなかったブログを何度見てきただろう。

いい記事を書ける才能と、長く記事を書き続けられる才能を両方持ち合わせている人は、あまりいないのかもしれない。

私はというと、どちらも持ってないし、ブログの才能なんかないと思っている。

ていうか、ブログの才能がなくても、ブログは運営出来るけど、ただ、人が来るブログになるかは、わからない。

ブログは努力すれば報われるかと言えば、報われない可能性の方が高いと思う。

いい記事書いていても、それが埋もれていってしまう事だってある。

そこでめげない人なら、ブログを続けられると思う。