運営報告をついつい見てしまう

人の運営報告を見ると落ち込むから、見なきゃいいのに、つい、見てしまいます。

いや、だって、興味あるから。

初めて一ヶ月の人の運営報告見て、私は、ブログを始めてしばらくはそんなに人が来た記憶ないというか、本当誰も来なかった記憶しかないので、人が沢山来ている様子を書いている人見ると、すごいと感心してしまいます。

金銭感覚が人によって違うように、アクセス数感覚もまた感じ方がそれぞれの人で違うと思います。

一日、百アクセスあっても、満足出来ない人はいますし、一アクセスでも人が来てくれたと感激してしまう人だっているでしょう。

正直、人が来るブログになるかどうかは、一年ぐらいブログを続けてみないと分からない所があります。

毎日更新しなければいけないわけじゃなく、休んでもいいから、書いていくというか。

 

でも、正直、あまり人に、ブログやってみたほうがいいよって、勧めたくないです。

ブログをやっていくというのは、茨の道だと思うからです。

私は何度か、ブログをやめたいと思ったし、更新したくないとか、離れたいとか、書く事が全く浮かんでこないとか、いろいろ襲って来るものがあって、正直、これを三ヶ月、半年、一年と続けなきゃいけないのかと思うと、嫌になってしまった事もあります。

ブログを始めてから、最初のお正月とかも、どうしても、更新する気持ちになれなくて、休みました。

それでいいのだと思います。

お正月は、みんながみんな、ブログをチェックしてる訳じゃないと思うので。

ブログを休むことはよくない事のように捉えてしまいがちですが、そうではないと思います。

 

ブログには、自分が書いて、楽しい事を、基本書くべきだなと思います。

ブログって、書いてて楽しくないとか、いやいや書くとか、そうなったら、続かない気がします。

このブログは、自分に向けて書いてる手紙なのかもしれないです。

溜まりに溜まった下書きの一つ一つも、私の記録だし、削除はよっぽどの事がないとしないですしね。

 

ブロガーでずっと居続ける事は誰しも難しいと思います。

それでも、一年近く続けられた事に感謝しています。

一周年に、はてなから来るメールを楽しみに、更新を頑張ろうと思いました。