ダイソーのドレープカーテンは背景布に使える

ダイソーの300円(400円のもあるけど。)商品、ドレープカーテンが、背景布に結構使えます。

これに、撮りたい物(漫画とか好きな物)を乗せて、カメラで撮ると背景に困らなくていいです。

私は、撮影ブースにドレープカーテンを掛けて、背景布として使ってます。

 

f:id:iisanmisa:20180208014044j:plain

ダイソーのドレープカーテン(白)を掛けた撮影ブース

時々、ダイソーに行くと、出入り口とかにドレープカーテンの新作が並んでたりするので、要チェックです。

 

撮影ブースの作り方は、

alicesheila.hatenablog.com

を参考にして作りました。

 

f:id:iisanmisa:20180208013058j:plain

ワイヤーネット

タグだけで、すみません。

撮影したいドールの高さを考えて、購入する事をおすすめします。

ちなみに、私のは、四枚のワイヤーネットを結束バンドで固定しています。

 

f:id:iisanmisa:20180208013210j:plain

アルミ流し台シート

二枚のワイヤーネットにこれをぐるぐる巻いて、セロテープで留めておきます。

巻いてない二つのワイヤーネットを挟むようにして、ぐるぐる巻いたワイヤーネットを左右一つずつ置いて、四枚を結束バンドで固定していきます。

アルミ流し台シート側の留める所は、キリで穴を開けて、結束バンドを通します。

なぜ、アルミ流し台シートを巻くかというと、レフ板代わりになるからです。

 

f:id:iisanmisa:20180208013141j:plain

結束バンド

四枚のワイヤーネットを並べて、これで固定します。

そして、ワイヤーネットを立てて、アルミ流し台シートを巻いたワイヤーネットを曲げて、コの字型にして、置いておきます。

 

f:id:iisanmisa:20180208012328j:plain

ドレープカーテン

ワイヤーネットだけの部分に、ドレープカーテンをふぁさっと掛けます。

写真、タグだけですみません。ほつれとか、しわとかありますが、安いんで仕方ないですね。

毎回、ダイソーに行くたびに発見があるので、楽しいです。

 

 

本当は作る過程をいちいち画像で説明したかったんですが、もう一つ撮影ブース作って置くスペースもないのであきらめました。

説明がわからない所があったら、コメント下さい。