テキストブログは成立しづらい分野である

私がテキストブログを掲げて、このブログを始めた時は、自分のブログに需要があるとは、到底思えなかった。

一般人のよく分からん奴のどうでもいい話題ばかりの、写真も載ってないブログに、人は来ないのは、明白だったからだ。

実際、誰も来なかった。

それでも、書いている内に、あれ?はてなブログは、テキストだけでも読ませる才能を持った人たちがいるという事に気づいた。

まぁ、あの人達は、文章の才能があったり、凄く価値のある内容だったりするから、比べるのも、おこがましいが。

 

テキストブログで重要な事は、文才と人柄だと思う。

文才は、もうこれは、スキルなので、なかったらないで、ブログは始められる。

それよりも、人柄の方が大切だ。

記事には人柄がにじみ出るはずで、それを訪問者は読み取り、継続的に読みたいと期待して、読者登録をする。

偉そうな言葉遣いや、いつも何か不満をブログに書いている人(私も人の事言えないが…。)は、正直引いてしまう。

まぁ、ストレス解消には、いいかもしれないが。

 

人が来るテキストブログにするには、長い時間が必要で、それに耐えられないのなら、向いていないとしか言うしかがない。

そうならないためには、本当に、テキストだけで勝負が出来るか考えるべきだ。

出来ないなら、画像を付けるとか、工夫しないといけない。

安易にテキストブログなんか作るもんじゃないと思う。

アクセス数とか読者数なんかどうでもいい、楽しく書ければいいという人は別だが。

でも、それだと、全体に公開している意味ないしな…。

 

あと、記事を継続的に続けて書ける才能も、テキストブログの管理人に必要なものだ。

下手な記事だと、他の画像付きブログに簡単に負けてしまうので、ある程度質があって、量を書かないと、人は来てくれない。

そして、説明力も大事だ。出来た記事を見直して、表現をわかりやすくするとか。

これは、文才がなくても、やれる事だろう。

 

とにかく、テキストブログは、ある程度人に読まれるまでが長いので、挫折する人も多いと思う。

ていうか、テキストブログが人に結構読まれているのは、はてなブログぐらいしかないような気がするが…。

ブログを書き続けられる根気と、これが書きたい!と思えるものがあるなら、続けられる事は続けられる。

もう、テキストブログは一部のブログ以外は、人が来ないと最初から覚悟を決めてほしい。

覚悟があって、飛び込むなら、それはそれでいい。

その人にしか書けないものがあるのは事実だ。

ただ、成立しづらい分野である事は確かなので、よく考えてから、ブログを開設する事をおすすめする。

テキストブログの世界は甘くないし、凡人には向かない分野なのは確かだ。

それでもこの道を行く人は絶えないだろうが、文章だけで勝負できる人がどれだけいるというのだろう。

とりあえず、気軽な気持ちで、テキストブログを作るのは、やめておけと言いたい。

以上。