文庫本はカバーを掛けてもらう派

本屋で、文庫本を買った時に、店員さんに、カバーを掛けるかどうか聞かれた時、必ずお願いしている。

カバーを断わらないのは、そのままで読むと、カバーを傷つけたり、読んでる時に、帯を折ったりする事があるからだ。

ただ、他のカバーが掛かっている本と一緒に、本棚に置いてしまうと、訳が分からなくなるという欠点もあるが。

時たま、文庫本のキャンペーンがあったりするので、それも文庫本を買う楽しみの一つだと思う。

 

久々に本屋に行き、目当ての漫画を手に取り、うろうろして、あまり行かない端っこのほうに行ったら、一つの文庫本が目に付いた。

彩坂美月「夏の王国で目覚めない」

夏の王国で目覚めない (ハヤカワ文庫JA)

夏の王国で目覚めない (ハヤカワ文庫JA)

 

目に入ってきたり、気になったりする本は買った方がいいと、どこかで聞いたので、迷わず、手に取ってレジへ。

今回は、表紙も買うきっかけにはなったけど、ちゃんと裏表紙にあるあらすじを読んで、決めたから、決して表紙買いではない。

だが、活字が苦手な私にしては、分厚い本買ったなと思う。

読めずに、積ん読状態になるかもと思ったが、一応読み始めた。

最後まで読めるか不安だが、ちょっと時間が空いてる時、手に取って読もうと思う。