ブログに誰も来ないのは後々財産になっていく

ブログ人生の中で、今が一番ブログを楽しんでいる時期なんじゃないかなと思う。

でも、ブログを始めた時期もわくわくして楽しかった。

新しい始まり、未体験のゾーンに入った感覚が、そうさせていたのかもしれない。

はてなブログをやる前に、本や、ネットで勉強したわけじゃなかったので、手探りで機能を使っていた。

あの頃ははてなブログについて、理解も何もしてなかったと思う。

 

グループという存在も知らず、記事を気合い入れて書いても、誰も来なかった。

ていうか、たまにアクセスがあったとしても、ロボットなんじゃないかと悲観的に考えていた。

それでも、少し休むような事があっても、くじけず黙々と記事を書いてきた。

何で見込みのない記事を書いていられたのかというと、ただの意地だったのかもしれない。

でも、記事を書くのが楽しかったように思う。別にいやいや書いてたわけじゃない。

 

グループは大分後になってから、存在に気づき、参加した。

最初から、グループに参加しておけば、人が来たかもしれないが、ブログに誰も来ないという体験が出来たし、あの時頑張った事は今に繋がっている。

だから、決して無駄な時期じゃないのだ。

大体、最初からたくさん人が来て、読者数もうなぎ登りって、そんなの幻想に過ぎないから!!

いや、実際そういうブログもあるかもしれない。

けど、慢心を起こしてしまって、何もかもが当たり前になってしまうだろう。

最初から上手くいっても、その人の為にはならないと思う。

もちろん、慢心を起こさない、人間的に出来た人もいるだろうけどね。

でも、これくらいアクセスがあって当たり前と思った瞬間から、アクセスは減るものだと思う。

 

検索してたら、栴檀は双葉より芳し(せんだんはふたばよりかんばし)という言葉を知った。

意味は、大成する人は幼少の時から優れているということだ。

ブログの最初から、人気が出てて、トップブロガーになった人には、こんな言葉が似合うのかも知れないとふと思った。