最初の記事は初心を思い出させてくれる

ブログの一番最初の記事は、書いた本人にとって、特別な存在だと思う。

でも、私はいつもは忘れているし、書いた内容すら、ぼんやりとしか思い出せない。

なぜ、特別な存在かというと、読むと、書いた時に思った事や自分の決意が思い出されるからだ。

arutenaira.hatenablog.com

私の場合、ただの自己紹介で、決意を書いてないけど、この頃は、今よりワクワクしていた。

新しいブログを作り、新しいHNで、今までやってきたブログとは違う事をやりたかった。

どうしてあの頃は、誰も来ないのに、ひたすら記事が書けたのか。

未来が見えない中、どうして希望を見いだせたのか。

あの頃の自分に問いたい。

まぁ、あの頃の自分は、少なからず今の私に組み込まれているのだろうけれど。

私も新たな気持ちでブログを書いていきたいという気持ちになった。

これも、最初の記事の存在があったからだと思う。