誰かに語りかけるようにブログを書いてこなかった

まけもけさんが、下記の記事でこんな事を言われていました。

www.gw2.biz

たぶん、自分の書いた文章を読んでくれる人をひとりイメージして、その人に語りかけるように文章を書けばいいんじゃないかなと思います。私の場合は相方さんになります。こう書いたら相方さんが喜ぶかな〜とか、笑うかな〜とか、そんな感じで文章を書くとするする文章が出てきます。

なんでもないようなことを書く - ぐわぐわ団

私は、誰かに語りかけるように書いた事は、記憶の限りありません。

あるとしたら、自分です。

もしかして、自分に語りかけながら文章を書いているのかもしれません。

そこは、自覚していないので、はっきりとはわかりませんが。

そこが、私がブログを時々書けなくなる理由なのかもしれません。

大体、真っ白な、ブログのエディタの画面に向かっていても、誰かを思い浮かべる事が出来ないから、書けないんだろうなと思いました。

そして、いつの頃からか、自分が満足いく記事を書く事が目標になり、上手い事書いたなと、送信ボタンを押す瞬間が好きになってました。

上記の記事の中で、まけもけさんが、こーさんのブログを言及&引用されていたので、私も言及&引用します。

www.izuremo.com

しきりに読ませる読ませると書いてるけど、別に読ませなくても「あー書いた書いた。書いちゃったよー」と自己満足に浸れるような文章をなんでもないことでえいやっ!と書けたら楽しいよなーというのが本音のところ。

なんでもないようなことをブログに書けるひとはすごい。 - いずれも。

 まさに、私は最近そんな感じです。

こんなにポンポン記事が書ける事は珍しいです。

メモ帳を持ち歩いているのも一因かな。

キーボードが軽快に鳴るのが心地よいです。

ネタに困ったら、自分ではない誰かに語りかけるように書く事にします。