インターネットに夢中になったあの頃の自分は、SNSにハマっている人に似ているかもしれない

インスタを見てると、六人しかフォローしてないのに、タイムラインが結構流れてきて、ちょっと追っかけるのが大変だなーと思っている。

SNSを駆使している若い世代は、タイムラインをこまめにチェックして、いいねを付けるというのが習慣付いているんだろうな。

でも、友達がたくさんいる人は、さぞや大変だろうと思う。

いや、大変なのが、楽しいのかもしれない。

SNSには、みんながハマっていく魔力がある。

私がネットを始めた頃は、チャットや掲示板にハマっていた。

その目新しさに、インターネットが煌めいて見え、時間を忘れた。

でも、その頃は、もっと、今より、情報の流れもゆっくりめだったような気がする。

年賀状出すから、みんな住所教えてといった事も、チャットで流れていた。

まぁ、荒らしと呼ばれる人がチャットや掲示板にやってきたり、不適切な書き込みはあったけど。

まぁ、懐かしがっても仕方ない。

今、SNSにハマっている人は、インターネットの目新しさに夢中になった、あの頃の自分と、似ているのだろうと思う。

 

しかし、どんなSNSでも、飽きる時が必ず来る。

私が、あんなに夢中になってた、チャットや掲示板は、もう全くしてないし、ネットで見かけることもなかったりする。

いずれ、Twitterや、インスタもそうなる可能性がないとは言えない。

移り変わりが結構あるけど、昔ながらのSNSが残っていく可能性もある。

mixiだって、まだあるし。

 

とりあえず、今の人は、昔の私のように、夜中にチャットに夢中になったりしないだろうし、電車とか、バスの中で、SNSをチェックしたりするから、健康的かもしれない。