自分の文章をけなしてはいけないという事に気づく

みんながみんな、役に立つ、誰が見ても素晴らしい出来のブログばかりだったら、つまらないだろうなーと思う。

ちょっと抜けていたり、その人の人柄が出てる方が好感が持てたり。

 

ブログランキングは下位の人が上位の人を引き立てているし、ランキングは、下位の人がいるからこそ成り立つのだと思う。

みんながみんな一位を取れる実力の人ばかりなら、まさに、ブログ戦国時代になる。

どの人も強すぎて、ランキングは、もうすごい事になる。

 

記事もそうだ。全部の記事の出来がすごい人もいるだろうけど、私のような、何も持っていない、ブログの才能もない私が、そうそういい記事を書けるわけがない。

自分の力量も知らず、才能のある人のようにいくわけがない。

 

と、考えているうちにまけもけさんのこの記事を思い出した。

www.gw2.biz

 

自分の文章がつまんないとか、需要がないとか、判断するのは自分じゃないのです。読んでくれた人がそれぞれ判断すること。文章の価値は自分で決めることじゃないのです。せっかく書いた文章を、生みの親がけなしてどうしますか。

 

大分前の記事なんで、言及してもいいものか迷ったが、載せる。

いつもはふざけ気味な記事を書かれているのに、たまに真面目な記事を書かれるので、それに遭遇した時には、ハッとさせられる

この記事、前にも紹介した事があるが、すっかり頭の中から消えていたらしく、ずっと私は自分の記事を心の中でけなしていた。

記事がダメだダメだと切り捨ててる自分が愚かだったのだと今では思う。

 

評価は、見る人が決める事。

私は、書きたい事を好きなように書く。

 

徐々に、そう自然に思っていけるようになりたい。