ブログに染められた脳

次のサイトを見て、私の記事の大部分がブログの事で占められている事に気づいて、愕然とした。

他のことをこんなに書いていないのかと思い、何だかそれがすごくもったいない気がした。

keicob.com

まぁ、書いてしまったものはしょうがないが、これから書いていくのはなんとしても、他の話題にしたいと思い、ここ数日、私は記事を書く時、ブログの事に触れることを禁止していた。

しかし、記事を書き始めると、ブログの話をついつい書いてしまい、何を書いてもブログに結びつけてしまい、結果、他に思いつく事が難しくなり、記事を書くのがしんどくなった。

脳がまるで、ブログに染まったみたいな感じがした。

 

ブログについて書くきっかけは、ある時、たまたまブログ論を書いた記事に、スターが着いた事だったと思う。

何だかそれが嬉しくて、私は次々そんな記事を書いてしまう。

それから、真っ白なエディタに向かうと自然とブログの事が出てくるようになった。

スターは私のブログを変えた。

 

そして私は、再びブログの話を書いた。

もうあきらめた。湧き上がってくるブログについての気持ちを抑えられない。

ただ、ブログを始められた人は、私のような状態にならない事を願うばかりである。