バスを逃してしまった二人の老婦人

前にバスを逃した老婦人を見かけた事があった。

老婦人はバス停で待っていたが、バスが来たのは、道路を挟んだ反対側のバス停だった。

老婦人は手を振ったが、運転手は気づかず、バスは止まることなく、あっという間に走り去ってしまった。

バス停付近に人がいないと止まってくれないみたいだ。

 

そしてまた、別の老婦人がバスを逃す所を見かけてしまった。

バスが来る前、老婦人は、バス停近くに止まっていた宅配便の車の後ろで、配達員のお兄さんと何やら話し込んでいた。

多分それに夢中になってしまったのだろう。

突然、バスが通り、あわてて、老婦人は、

「待ってー!!乗るんだああああああああああ!!」

(どんな風に言ってたか、正確には忘れたが、多分こんな感じ。)

と必死で叫び、手を振って追いかけるが、どうしようもない。

バスは行ってしまった。 

 

バスは非情だと思うが、運転手さんは、気づけないんだから仕方ない。

私が何とかすればよかったと思うが、あっという間の事だったため、出来なかった。

 

改めて、バス一本がお年寄りにとっては、とても大事だという事を実感させられた。

私は、運転免許は持ってるけど、自動車の運転はしない。

だが、いずれ、運転しなければいけなくなるだろう。

この田舎では、車がないと本当に厳しい。

 

移動スーパーも所々で見かけるようになった。いいことだと思う。